農園のこだわり
  • はじめに
  • 当農園のこだわり

ユーアイ農園の評判

当農園のリンゴは、秋口から注文が殺到し、12月中に完売してしまうほどです。収穫前になると、今年は足りるか足りないかと毎年冷や冷やしながら作業しております。数年前から始めた桃も、お客様がどんどん増え、ほとんど完売するようになりました。ここではお客様の声をいくつか紹介します。「毎年、いろんな産地の果物が送られてくるが油井さんの果物は、やはり別格だ」、「うちの子供はおたくの林檎以外吐き出すのよ」、「いつも他の産地の果物送って礼の電話一つしてこない先生も、お宅の桃を送るとすぐ電話かかってくるのよね」。初めてのお客様からは「周りに果物農家はたくさんいるけどこんな濃厚なりんご初めて食べた」「福島の果物ってこんなにおいしいの?」と、毎年お伝えできないほどたくさんのうれしいお言葉いただいております。

 

美味しい果物とは甘いだけではない

種類や品種にもよりますが、私たちが美味しいと感じる基準は、糖度15度です。また、美味しさというのは、硬度や果汁にも左右されます。いくら甘くても、みずみずしくない果物は後味が悪いし、硬すぎても、美味しくありません。色つきも悪ければ、食欲もそがれます。うちの果物は、毎年、他の生産者から、お宅のは色がいんだよなと不思議がられます。健全な環境で育った作物は、日持ちもします。当農園の果物も、他の果物はすぐ腐るのに、お宅のはいつまでも日持ちし、長く食べられると喜ばれます。当農園のふじりんごに関しては、これらの基準をクリアしているため、上記のような評判につながるのです。

こだわり果物こだわり果物

甘くて、とってもジューシーと評判の当農園の看板品種ふじの写真

 

ユーアイ農園の果物の秘密

果物の味っていうものは、年によって違います。露地栽培である以上その年の気象条件に左右されてしまうからです。いい年ばかりではないのは当たり前、そんな年でも他より美味しい果物を提供できるよう、品質を安定、向上させるための取り組みを、コメント付きで紹介します。

  • 土作り
  • 技術
  • 環境
  • 価格

何十年もかけて造られた肥沃な土壌

当農園は、基本は粘土質ですが、それが何十年もかけて、肥沃な土地に変わりました。果樹の改埴作業で、根を掘り起こしてもらうと、こんないい土見たことないと、驚かれます。根も地中深く張り巡らされているため、掘り起こすのも一苦労です。毎年、果汁たっぷりな果物ができる理由は、どんなに干ばつの年も、地中深くから、粘土によって保水されている水分を十分に吸収することができるからです。また、昔から、粘土質は、美味しい果物野菜ができるといわれています。土作りは、ミネラルやアミノ酸など注目の成分をたっぷり与えており、毎年作物の品質も向上しております。最近、桃やリンゴの着色も良くなってきたのも、土作りに影響しているのではないかと考えております。

園主自慢の剪定

剪定の目的は、樹勢のバランスを整え、日当たりを良くすること、また作業しやすくすることも含まれます。多くの農家は、作業効率を考え、できる限り枝をシンプルにしてしまうため、勢いがつきすぎているように感じます。樹勢が強すぎると、次年度の花芽がつきにくく、また、甘い果実が実りにくくなります。樹木は本来自らバランスを整えながら成長します。そのため樹本来の動きに任せ、剪定量をできる限り最小限にし、樹勢を強めず、上枝と下枝をバランスよく付けることを意識しております。そのため、収量が毎年一定となり、どんなに不作の年も、ある程度の収量を確保できます、また、枝を重ねることにより、葉の量を多くし、光合成を促し、甘みが増した果実に成長します。

自然も人も共生して生きる農業を目指し

当農園では、自然と人が共生した農業を目指しています。除草も、除草剤を使わないことにより、土も生き生きとします。果物作りにとって、最大の難敵は病害や害虫です。そのため、害虫の発生を抑えるため、当初からコンフューザ(フェロモン剤)を使用し、専門家の助言を頂きつつ、必要最低限な防除しかしておりません。作業の効率化のため、摘果剤など農薬を使用する方も増えてきましたが、防除目的以外での農薬は使用はしておりません。野ネズミ対策も、天然成分で作られた、忌避剤を使用しております。当農園の果物は、安心して食べていただけると自信を持っております。

自信を持った価格設定

当農園の果物は、昔から値段は据え置き、地元の生産者より安く、有名産地と比べるとはるかに安い価格設定です。最近は、送料も引き下げましたので、実質値下げしているくらいです。ここ数年は、箱や同封するパンフレットにも気を配り、食べる前から、美味しそうと思える工夫もしております。品質に直結する肥料や、梱包資材は、いいものしか使いません。栽培難度が高い品種や、手間がかかる品種でも、お客さまにとって、桃は桃、りんごはりんごのため、価格に差はつけません。人件費をかけず、収量を上げ、ほぼすべて売り切ってしまうことで、この価格を実現しております。